家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





税金の節約術



医療費控除


医療費控除の対象は?

自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、次の要件を満たした場合一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

医療費控除の申告をすると一度支払った治療費が所得税の還付として戻ってきます。家族の年間の医療費が合計10万円を超えたら忘れずに還付申告をしましょう。知ってトクする控除のポイントをご説明します。

本人または本人と同一生計にある家族にかかった医療費の合計が、年間(1月1日〜12月31日)で10万円(あるいはその年の所得金額の合計額が200万円未満の人は5%の金額)を超えた時、その超過分が医療費控除の対象となります(ただし、控除額の上限は200万円です)。

夫婦共働きの場合、どちらかがまとめて申告してもいいことになっています。ただし申告する人が医療費を支払っていることが条件。

一人分の医療費が10万円を超えていなくても構いません。一家の医療費の合計が10万円を超えていればよいのです。

ただしその額は実際に支払った額であって、健康保険から支払われた補てん分や生命保険などから入院給付を受けた分などは控除の対象にはなりません。

医療費として認められる範囲は、基本的には治療にかかった費用ということになります。交通費など、診療や治療のための通院費用は認められます。通院の日時と用した交通費のメモ、タクシ
ーの領収書などは大切に保管しておいて下さい。 

控除を受けるための手続

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を地域の所轄税務署に提出してください。

その際、領収書・印鑑・振込先に指定する銀行名と口座番号を添付するか、提示して下さい。また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。




                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ