家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!
最新の更新記事


利用方法を変えて電気節約



深夜電力割引は本当にあるのか。
「電気料金が安い夜にお湯を電気で沸かし、使うときまで貯めておく」といったCMから、深夜電力が安いという話をご存じの
方は多いと思います。

しかし、これらの機器を導入していない大多数の方が加入している「従量電灯」という契約では、深夜電力割引は適用されま
せん。24時間いつ使っても同じ料金。使った分だけ支払う契約です。

しかし、深夜電力の割引に関しては、、実は電力会社のホームページに載っている料金メニューがあるんです。それは「時間
帯割引契約」というもの。

基本的に時間帯割引契約は、夜10時(11時)〜朝8時(7時)までの電気料金を大幅に(7〜8割引)に割り引く代わりに、その
他の時間帯の電気料金をやや割高(東京電力の場合3割程度)にする契約です。

昼間家にいない一人暮らしの人は、これを利用すると非常に電気代が安くなる可能性があります。

私もこの契約を締結していますが、洗濯機を回す、ご飯を炊く、部屋をエアコンで暖める、映画などをみる、パソコンを使用
するなどの電気を使う行為を、とにかくこの時間帯にシフトしてしまえば、自ずと電気代のコスト削減ができます。一人暮ら
し、夜型人間にはもってこいかもしれませんね。

当然気をつけなければならないポイントもあります。家にサーバーがあって24時間稼働させているといった場合には、効果が
薄れるか、場合によってはマイナスに転ずる事もあります。

また、基本料金が若干高いので、電気をほとんど使わないという方には不向きかもしれません。しかし、電気使用量に目を向
けるだけでなく、せっかく用意されている電気契約に目を向けるのも、一つの節約の方法ではないでしょうか。



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ