家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!



テレビ、雑誌、ネットでも話題沸騰の人気家電!お掃除ロボット「ルンバ」




光熱費の節約術 



掃除機代を節約をする


なるべく掃除機を使わない

掃除機は電気代がとてもかかってしまいます。
掃除機電力使用量 500W〜1KWH 仮に強の状態で1時間使えば23円、これを毎日繰り返せば1か月に690円も電気代がかかります。

フローリングはモップなどを使うことで掃除出来ますし、畳の場合はホウキを使う事で綺麗に掃除することが出来ます。

絨毯の場合もコロコロを使えば掃除機よりもゴミが取れ、100円ショップにシートも売っているので100円のシートならば電気代よりもかなり安く掃除できます。

掃除機をメンテナンスする

サイクロン方式の掃除機では吸引力が落ちず、紙パック方式の掃除機に比べて電気代も節約出来ます。
紙パックにごみがいっぱいだと、吸引力もよわり、掃除に掛かる時間も伸びて、その分多く電気代を使ってしまいます。紙パックのごみはこまめに変えるようにしましょう。

普通の掃除機の吸引力が落ちる原因のひとつに紙パックにゴミが貯まってしまうことが挙げられます
吸引力をなるべく落とさないためには、こまめに紙パックのゴミを捨てた方がいいでしょう。

ちなみに面倒ですが紙パックは何度か再利用できますのでゴミを捨てて利用しましょう。

部屋を片付けてから掃除

掃除機も他の電化製品と同じで、起動時に電気代がかなりかかります。

何度もスイッチを入れたり切ったりしていると普通に使うよりも無駄な電気代がかかってしまいます。
この掃除機のスイッチを切る回数を減らすには、事前に部屋をしっかり片付けておくことです。

掃除機かけは手際よく
掃除機も他の電化製品と同じで、起動時に電気代がかなりかかります。
何度もスイッチを入れたり切ったりしていると普通に使うよりも無駄な電気代がかかってしまいます。
この掃除機のスイッチを切る回数を減らすには、事前に部屋をしっかり片付けておくことです。

パワーの切り替えをする

掃除機は弱よりも強の方がかなり電気代をかけてしまいます。
絨毯などの場合は強じゃないとゴミは取れませんがフローリングや畳などの場合は弱を使うように心がけましょう。


                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ