家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!




光熱費の節約術 



テレビ代を節約をする


明度を調節する

明度は上げるのに比例して、電気消費量も高くなります。
必要以上に高く設定している場合は、少し下げて見ましょう。
また明度調整はテレビの寿命とも関連しているようです。

ブラウン管の画面をこまめに掃除

テレビのブラウン管は静電気を帯びているのでほこりなどを吸着しやすく、拭き掃除しても一週間もすれば再びほこりがたまってきます。
ほこりをかぶると明るさも落ちるので、明度を標準よりも上げがちですが、その分電気消費量も多くなります。拭き掃除といっても乾いた布で簡単にふき取れますから、それほど手間もかかりません。
こまめにほこり掃除すれば、明度を上げる必要もないので、電気代の無駄を省けます。

音量をあげすぎない

音量も明度などと同じで、明度ほどではありませんが大きくするほど電気代の消費量も多くなります。必要以上に音量を上げるのは周囲にも迷惑をかけるので、適度な音量を心がけてください。

テレビは部屋にあった大きさのものを
テレビは当然のことながら、大きいほどほど電気代がかかります。
25型のテレビでは、14型のテレビの1.5倍も消費します。必要以上に大きすぎるものを買うよりも、お部屋に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

また多機能なものも、シンプルなものより電気代を多く消費するものです。ほんとにその機能が必要かどうか、購入前にちょっと考えて見るといいでしょう。

主電源を消す

その量は通常電力の約13%にもなります。
主電源をきればそうした電力消費もカット出来ます。

新しくテレビを買う際は通常の消費電力と合わせて、主電源時(スタンバイ時)の消費電力も掲載されていますので、参考にされるといいでしょう。
長期間家をあける場合は、さらにプラグまでぬいて待機電力のカットに努めるといいでしょう。


                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ