家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!




ガス代の節約術



ガス料金の仕組み


一般料金の計算方法

(1) 月々のガスご使用量により料金表を判定します。
(2) (1)で判定した料金表の基本料金、単位料金を適用して計算します。

ガス料金=基本料金+(ガス使用量×従量料金単価)+消費税

具体的な計算例

1ヶ月のガスご使用量が50m3の場合

(1) ガスご使用量が50m3の場合、料金表Bの基本料金、単位料金を適応します。
(2) ガス料金 = 基本料金 + 単位料金 × ガスご使用量
= 1,081.50円 + 126.98円 × 50m3
= 1,081.50円 + 6,349.00円
= 7,430.50円(1円未満切り捨て)
= 7,430円
※上記の計算には、平成22年1月1日現在の東京地区等の基準単位料金を適用しています。
※上記の金額には、消費税等相当額を含みます。

基本料金

ガス料金の場合、電気、水道と違い、基本料金(使用量に応じて一定額を支払う料金)は使えば使う程高くなりますが、単位料金(使った分の料金)は安くなります。

東京都の場合

1か月のガス使用量  基本料金(1か月あたり) 1立法メートル

 1か月のガス使用量  基本料金  単位料金
 0m3〜20m3  724.円  138.64円 
 21m3〜81m3  1,083円  121.09円
 82m3〜204m3  1,365円  117.66円
 205m3〜512m3  2,499円  112.12円
 5123〜818m3  5,806円  105.66円
 818m3以上  13,786円   95.90円


電気、水道と違い、使用する量が増える程、単位料金は安くなります。ただ、基本料金は上がるので、節約するに越した事はありません

地域によって料金が違う
   基本料金  単位料金
 東京ガス  1083円  121.09円
 大阪ガス  1375円  125.67円
 名古屋  1837円  134.64円
 札幌  1279円  175.47円
 広島ガス  1281円  188.01円
 福岡  1501円  181.94円
自分の地域のガス料金を調べてみて、あまりにも高いようでしたらガスより、石油、電気を多用した方が安く済む場合もあるので、請求書を見て比較してみましょう。

家庭用高効率給湯器契約

家庭用高効率給湯器契約というものがあり、たくさん使用する家庭では割引がありますので、こんなプランも検討されるといいと思います。

割引率 3% 割引上限額(2,000円/月)

家庭用高効率給湯器契約《湯ったりエコぷらん》


楽天トラベルで国内外の宿泊予約手続き、航空券の予約「楽天トラベル」では大手交通機関、宿泊施設、航空会社などと提携して、旅行、ビジネスなどあらゆる移動、観光にオリジナル で、便利で、より安価なプランを提供しています。楽天トラベルで国内外の宿泊予約手続きや航空券の予約



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ