家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!




通信費の節約術



郵便代金節約


「エコーはがき」で節約

「エコーはがき」とは?

「エコーはがき」とは、官製はがきの表面下半分に企業の広告が印刷されたはがきのことです。広告料として企業が1枚につき5円負担しているため普通のはがきよりも安い45円で購入することができます。ただし、発行の枚数が少なく、発行地域も限られており、若干、入手が困難です。

定期的に発行されるのではなく、スポンサーがつがないと発行されません。その上、人気があって、地域によってはすぐに売り切れてしまうので、郵便局で見かけたら買っておいた方がよいでしょう。前もって発売日をお知らせしてくれる親切な郵便局もあります。(この場合は、朝から並んで買う!という方が多いので早く売り切れるようです。)

グリーンエコーで節約

グリーンエコーハガキは、エコーはがきに地球環境の保全事業への寄付金(1枚あたり3円)をつけて、48円で販売されているものです。普通のはがきよりも安く、ボランティアにも参加できる一石二鳥のはがきです。グリーンハガキよりも売られている確率は更に少ないです。

ミニレターで節約
「ミニレター(郵便書簡)」は、封筒と便せんを兼ねた組立式の封筒です。普通郵便(封書)より20円安い60円で送ることができます(25gまで)。中に写真などの同封もできるため、旅行の後の挨拶のような、ちょっとした用件の手紙に便利です。

書き損じのはがきは交換を

かき損じのはがきや汚れた切手を郵便局へ持っていくと、1枚5円の手数料で新しいはがきや切手に交換してもらえます。官製はがきは一枚50円なので、新しいものを買うより経済的。切手も5円以上は交換してもらうと良いでしょう。

年賀はがきの当選

年賀はがきくじの景品引き換えにこない人が、年間に金額に直すと何億円にもなるそうです。
つい当選はがきを交換することが面倒で忘れてしまうことがありますがこれはもったいないことです。

航空書簡

航空書簡とは、日本国内で使う郵便書簡の国際版のようなもので、組立型の封筒です。1枚90円。普通に便せん・封筒を使って送った場合、第一地域と呼ばれるアジア、米国の海外領土(ウェーキ、グアム、北マリアナ諸島、ミッドウェイ)、パラオほかに日本から送ると同じ90円ですが、第2地域(オセアニア、中近東、北米、中米、西インド諸島、ヨーロッパ )に送る場合は110円、第3地域(南米、アフリカ)に送る場合は130円かかります。海外に手紙を書くとき、第2・第3地域に相手がいるなら、航空書簡がお得です。

絵はがき

観光地へ行くと必ずおみやげ物屋さんで絵はがきが売られていますが、どれも結構高く、種類が多いため、なかなか決められません。そんなときは、観光センターに行ってみましょう。いろいろなホテルやツアーのパンフレットに混じって、絵はがきが置いてあることがあります。これはやっぱりホテルやツアー会社の宣伝なのですが、無料でもらえます。名前や住所、電話番号がでかでかと載っているものはちょっと使えませんが、意外にシンプルなものもあります。海外旅行先でのものなら日本語ではないので、気にせず使えます。

てるみくらぶで激安旅行!てるみくらぶ旅行予約しよう てるみくらぶを利用すると、お得な料金で海外旅行を楽しむことができますよ。 私も近場の海外旅行はいつもてるみくらぶを使っていま〜す。てるみくらぶで激安!てるみくらぶ 旅行予約しよう



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ