家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





医療費の節約術



医療費の仕組み


医療機関を受診した場合の医療費

被保険者は保険者に対して毎月保険料を支払います。保険料は、家族の人数(国民健康保険の場合)、収入(国民健康保険、被用者保険)により決定されます。保険料率は、それぞれの保険者により異なり比較は困難ですが、中小企業を対象に政府が運営する政府管掌保険で収入の12.5%です。

このうち半分を被保険者が、半分を会社が支払います。傷病で医療機関を受診した場合には、医療費総額の30%を一部負担金として支払います(ただし、2歳以下は20%、70歳以上は収入により10または20%です)。

また、同一医療機関での1カ月の一部負担金額が一定額(72300円(上位所得者は139800円、低所得者は35400円)+一定の限度額を超えた医療費の1%)を超えた場合には、一定額を超えた一部負担金について払戻しを受ける高額療養費制度があります。

医療費を決定するメカニズム

医療は国民の生活に密接に関わり、どのような診療報酬支払のシステムをとるかは医療の内容にも関わり重要な問題です。

日本では、個々の医療サービス(診察、手術、注射、エックス線検査など)について、それぞれ診療報酬単価が定められ、その合計として医療費が決定される「出来高払い」が中心です。

ちょうど、スーパーマーケットでの買い物をするのと同じです。それに対して、慢性期の患者さんを中心とする療養病棟では1カ月当たり決まった金額を病院に支払う「定額払い」が用いられています。

2003年からは、大学病院などを中心に、急性期の入院医療に対しても「DPC」(diagnosis procedure combination)という定額払いが導入されています。
 
定額払いでは、必要最小限の医療を行って、短期間の入院で患者さんを退院させようとする圧力が病院に働きます。どのような診療報酬の支払方式が望ましいかは、その国の医療の状況により異なります。

日本では、医療機関の機能分化、医療内容の標準化、在院日数の短縮を進めるに当たっては、診療内容に十分に注意を払った上で、定額払いを進めることが有用でしょう。
 
個々の医療サービスの単価、あるいは定額払いの単価は、厚生労働大臣の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)が決定します。これは公益、支払側(保険者)、医療側の各代表から構成されています。

地域により価格は若干異なりますが、ほぼ全国同一価格となっています。価格が全国ほぼ同一であること、一部負担金が医療費の30%であり、高額療養費制度があるため一定額以内で制限されていることは、経済状況によらず医療へのアクセスを保証する極めて優れた制度です。

「今日中にお金の工面をしたい」キャッシングを活用する場合、即効性を要求する ユーザーが多くなってきました。日々、緊急 を要するシーンが訪れてしまう事があります。モビットなら最短10秒結果表示で審査が できます! 融資が可能であれば、WEBで 完結ができ、即日で融資を受ける事が可能です。モビットウェブ完結で申込みなら誰にも知られず審査も完結





                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ