家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





クレジットカード節約術



クレジットカードの仕組み


クレジットカードのしくみ

クレジットカードは会員、加盟店、カード会社から成り立っています。

会員とは、私たち利用者の事です。クレジットカード会社は、発行時に入会審査をし、それに通過した、いわば認めた人のみを会員にする事ができます。その審査基準も各社様々で、審査基準が厳しい会社もあれば、非常に甘い会社もあります。

加盟店とはクレジットカードを使えるように、クレジットカード会社と契約をしているお店の事です。merchant(マーチャント)とも呼ばれています。簡単に表現すれば、カードが使えるお店と考えれば分かりやすいでしょう。

そのままですが、クレジットカードの会社です。クレジットカードを発行している会社は「Issuer(イシュアー)」と呼ばれ、その会社名は、カード券面裏側に必ず表記してあります。間違えやすいのは、券面表にあるVISA(ビザ),MasterCard(マスターカード)等は発行会社ではありません。あくまでも券面裏側に電話番号と共に記載してある会社名が、イシュアー(カード発行会社)です。

カード会社はどこから利益を得ている?

加盟店からの手数料収入
会員がクレジットカードで買い物をした分の数パーセント(一般的には3%〜7%程度)が、カード会社の手数料として入ります。

パーセンテージの割合は一律ではなく、契約の際に取り決められます。また、国際ブランドによってもパーセンテージが異なる場合があり、例えばVISA、MasterCardは3%でも、JCBやAMEXは5%といった場合もあります。

会員からのキャッシングの手数料

実はこれらの手数料が、かなり大きな利益をもたらすと言われます。皆さんも、クレジットカード会社から、「リボ払いをすると○○ポイントプレゼント!」や「今ならカードローンがキャンペーン中!」などといった「お金借りてダイレクトメール」が届きませんか?


株式会社アローが自己破産や債務整理をした方も審査対象にしていることは、株式会社アロー自身も認めており、インターネット上の口コミなどでもその柔軟な審査の評判は高いものがあります。 また、「ブラックでも借入できる」などのサイトの口コミに株式会社アローの社名が掲載されていることも見受けられるので、中には、“株式会社アローは無審査で誰でも借入できる。”と勘違いをされている方もいると思います。消費者金融アロー 口コミ・評判・審査は無担保かつ迅速な使途自由ローン



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ