家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





医療費の節約術



医療費の節約


病気にならない

当然の事ですが、これが一番です。また病気や病気予備軍の芽を早く見つけるために、健康診断を受けましょう。
健康保険組合や、市区町村の行う検診を受ければ、血液検査などの結果の異常数値が自分で把握できるので、病気の予防効果も絶大です。

時間外に行かない

小さな町医者さんなどは、いつでも診てくださいますがその場合、別途料金が加算されます。休日、時間外、深夜など時間帯や曜日で加算されます。最大で1,440円の加算になります。(深夜診療の自己負担額)

いきなり大きな病院に行かない

大学病院なとベット数が200床以上の病院に紹介状なしで行くと、差額を徴収されます。おまけに検査も多い傾向にあります。

入院時に個室しか空いていない時は
病院の都合で、個室に入れられた場合は、差額ベット代を支払わなくてもいいように、病院と交渉しましょう。「個室を希望していない」旨を伝えると徴収されない場合も多いです。

高額療養費払い戻し

1ヶ月に1件の医療費自己負担額が72、300円を超えると医療費が戻ってきます。
また、世帯全体で1件ごとに21,000円を超える自己負担が2件以上ある場合は、世帯合算で72,300円を超えても該当します。もし該当するなら自分の属する健康保険に問い合わせてはいかがでしょうか。

確定申告の医療費控除

1年間の医療費が10万円を超えると税金が戻ってきます。出産に関わる診療、検査、分娩や不妊治療なども控除の対象になります。





                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ