家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!




ガス代の節約術


ガス料金の節約


台所でのガス代節約

1.火は中火使う
中華料理など特別な場合を除き中火で調理した方がガス代の節約になります。
鍋の横からガスの炎が出るような使い方は、鍋を温めるのでなく空気を温めてしまいますから。

2.大きめの鍋を使う
鍋などでお湯を沸かすときは大きめの鍋を使う方熱伝導がよくなり、短時間で沸騰します。

3.少量の野菜や牛乳などは電子レンジで
少量の野菜を煮るときや牛乳などを温めるときは電子レンジを使ったほうが短時間かつ効率的です。

4.食器洗い器の設定温度は控えめで
食器洗い機では低めの温度でも十分洗えます。お風呂の温度と一緒にせず、設定温度は下げておきましょう。そして流しながらの洗い方は無駄ができますので、できれば必要な量だけボールなどに貯めて使えば節約になります。

5.麺類は余熱で茹でる
麺類を茹でる時は、茹で上がる数分前に火を止め、フタをして余熱で調理します。(ステンレスの方がより効果が長続きします

6.圧力鍋を使用する
角煮などはおいしいですが、3時間近く煮込まなければならず、相当のガス代がかかります。圧力鍋を使う事で3分の1近くまで短縮でき、時間と一緒に節約できます。

7.給湯器の種火はつけたままにしない

スイッチを入れてから蛇口をひねった場合は、水が温まるまでに1〜2分かかるんです。この違いは何なのか!? 正解は種火です。

給湯器のスイッチを入れ、ガスを使わずにガスメーターを確認してください。ガスメーターが動いていることに気がつくはずです。
給湯器は電気の待機電力と同じで、スイッチが入っているだけでガスを使っています。外出するときは給湯器のスイッチは切っておきましょうね。

ガスとレンジの使い分け・

じゃがいもをゆでたり、たまごをゆでたりすると結構な時間がかかります。ガスでお湯をわしゆでる代わりに、電子レンジで調理すると時間も短縮でき、電気代もガスを長く使うよりかは安くて済みます。たまごは割って、耐熱容器に入れて電子レンジでチンすればきちんと火が通ります。サラダなどにつかう卵のみじん切りだと形を気にしなくて良いのでこの方法がオススメです。

給湯器のお湯を使う

お湯を沸かすとき、給湯器からお湯を出してそれをガスコンロで沸かすほうが安上がり。やかんで1.8リットルのお湯を沸かすとき、給湯器から60度のおゆをとってガスコンロで沸かすと、給湯器のガス代とコンロのガス代の合計が2.6円。それに比べてガスコンロのみで水から沸かす場合は3.4円。1日2回365日として一年で584円うきます。

お風呂・シャワーでのガス代節約
お風呂での節約はとにかく、1に間をあけずに入りきる。2に極力追い炊きや保温をしない。
風呂のタイプにより多少異なります。

風呂がまタイプ(水を溜めてから沸かす)
このタイプの場合は、とりあえず一日の早めに水を溜めておき、日中の気温で水を少しでも温めておくのが基本!

給湯器(追い炊き有り)タイプ
最近の家庭の主流はこのタイプ。追い炊きや保温ができるからといって、だらだらと保温を続けておくとかなりのガスの損になる
旦那さんの帰りが遅いなど、どうしても家族で時間がバラバラになってしまうのであれば、一度止めて、保温シートをかけておき、後で追い炊きをしたほうが、何回もガスを燃やさなくていいので、お得です。

給湯器(追い炊き無し)タイプ
この場合、冷めてしまったらもう一度、最初から沸かしなおしになってしまうので、かなりの無駄を招くので、とにかく時間を合わせて入ることに努めましょう。

早く入る人は、できる限り遅くに、後から入る人はできる限り早くに・・・・という形で時間を縮めれば、大きいなべに熱湯を沸かし、そのお湯を入れる事で緩和される事もある。真冬では、少々厳しいかもしれないけれど、水道代もダブルでかかることを考えたら、少しの我慢は必要かもしれません。
保温シートを使いなるべく冷めないように工夫すると、何とか、後の人までお鍋一杯のお湯でもつかもしれません。

シャワーの時間を短縮する

体を洗うときに、シャワーを出しっぱなしにしていませんか?シャワーの時間を1分短くするだけでガス代だけで3.4円節約できます。これに水道代を入れると5円の節約。家族4人として、一人1分短くするだけでガス代水道代あわせて年間7300円の節約。

                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ