家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!






食費の節約術



食品保存の仕方で節約


野菜の保存方法

知っているようで意外と知らないのが野菜の保存方法。野菜は生きている食品ですので、畑で育った状態に近い形で保存するのがベストです。各素材別の保存方法を確認しましょう。

葉物保存法

葉先を上にして立てて保存すると鮮度が落ちません。軽く霧吹きをしてから、ペーパータオルに包み、ジッパーつき保存バッグに入れて立てて野菜室で保存します。さらに、ジッパーつき保存バックごと牛乳パックやペットボトルなどに入れて保存すると、より安定します。
また、キャベツは丸ごと保存する場合は、芯をくりぬき、ぬらしたペーパータオルを詰めてジッパーつき保存バッグに入れます。芯を下にして野菜室で保存します。

イモ類保存法

冷暗所で保存
丸ごとなら冷蔵しなくてもよい野菜なので冷暗所で保存します。カットした場合、腐りやすい種の部分を取り除き、ラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

きゅうり保存法

乾燥にも水気にも弱い野菜です。ペーパータオルで表面の水気をよくふき取って1本ずつラップに包みさらにジッパーつき保存バッグに入れて立てて野菜室で保存します。冷やしすぎても傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室で保存しましょう。

玉ねぎ保存法
湿気がこもると腐りやすくなるので、通気性の良い冷暗所で保存しましょう。冷蔵しなくてもよい野菜ですが、夏場や新玉ネギは冷蔵庫の野菜室へ入れましょう。

トマト保存法
ジッパーつき保存バッグに入れ、へたを下にして野菜室に入れますが、重なった部分から傷んでくるので注意が必要です。ひとつずつペーパータオルに包んでから、ジッパーつき保存バッグに入れるのがベストです。冷やしすぎても傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室に入れましょう。

ナス保存法
ポリ袋またはジッパーつき保存バッグに入れ、乾燥を防ぎながら通気もするように口の一部だけ開け、冷暗所で保存します。
夏場は冷蔵庫の野菜室に入れましょう。冷やしすぎると傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室で保存しましょう。

人参保存法
ペーパータオルに包み、ジッパーつき保存バッグに入れて野菜室で保存します。

冷凍保存
節約暮し!生活に便利な冷凍保存のコツでは、節約生活や節約暮らしに必要不可欠な フリージング方法をまとめてみました。
残り物も捨てずに、冷凍保存しておけばムダがないだけでなく、おかず作りがスピーディーにおこなえます。
節約生活の為に、まとめ買いをしている方、腐らせてしまう前に適切な冷凍方法で保存して、やりくり上手な節約暮らしを目指しましょう!

基本の解凍方法は?
・基本の回答方法は、冷蔵庫に入れて自然解凍が基本です。

冷凍した食品の賞味期限は?
・家庭では温度を一定に保つ事が難しいので、
 1ヶ月以内をメドにできるだけ食べてしまいましょう♪
・急速冷凍をさせる為、冷凍庫には金属製のバットを入れておきましょう。
(金属性のバットは、お菓子等が入っていた缶などで、十分活用できますよ)

上手にフリージングする一番のコツは?
上手にフリージングするコツは 「早く冷凍させること!」です。
急速冷凍がある冷蔵庫もありますが、熱の伝導が早い金属製のバットの上に食材を。
凍るスピードが全然違います。

素材は形や大きさをそろえて切る。
・食品は早く冷凍させるために、薄く、平たく冷凍する
 他にも、できるだけ同じ大きさに揃えることで、収納も
 上手にでき、調理する際も熱が均等に伝わります。

一度解凍した食材は・・・
品質が落ちてしまうので再冷凍は絶対に避けてください。

各食品ごとの冷凍保存方法はこちらのサイトを参考にして下さいね。

生活に便利な冷凍保存のコツ 



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ