家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





自動車代の節約術



自動車の燃費節約


燃費向上術でコツコツ節約を!

ガソリンがドンドンと高くなっている今。家庭の家計をどんどん圧迫していく車の維持費。そんな維持費を少しでも解消できるよう車の運転の仕方や管理方法から燃費を向上させる方法をを公開しているページです。
燃費を向上させる方法を学び、まずはやれる事からやりましょう。
他にもガソリンを安く購入する方法や燃費を上げる事のできるグッズの紹介など様々な視点から車の事に詳しくない方でも分かるよう、燃費について紹介していきます。ぜひお役立て下さい。

運転方法で節約

やさしい発進を心がけましょう
普通の発進より少し緩やかに発進する(最初の5秒で時速20kmが目安です)だけで11%程度燃費が改善します。やさしいアクセル操作は安全運転にもつながります。時間に余裕を持って、ゆったりした気分で運転しましょう。

早めのアクセルオフ
「エンジンブレーキを積極的に使いましょう。」

エンジンブレーキを使うと、燃料の供給が停止される(燃料カット)ので、2%程度燃費が改善されます。停止位置が分かったら、早めにアクセルから足を離して、エンジンブレーキで減速しましょう。また減速したり、坂道を下るときにはエンジンブレーキを活用しましょう。
■ 下り坂や赤信号の手前では、エンジンブレーキを使って惰力走行に努めると燃料を節約できます。

■ アクセルOFFで走行すると、エンジン回転数が高い場合は自動的に燃料の供給が停止され、エンジン回転数が下がるとアイドリングに必要なだけの燃料が供給されます。

エアコンの使用は控えめに
気象条件に応じて、こまめに温度・風量の調整を行いましょう。特に夏場に設定温度を下げすぎないことがポイントです。外気温25℃の時に、エアコンを使用すると、12%程度燃費が悪化します。
■ エアコンを使用する場合は、外気導入より内気循環の方が効果的です。

■ 炎天下に駐車する場合はフロントガラスに日よけを設置したり、断熱フィルムを後部窓ガラスに貼っておくことが効果的です。
■ 炎天下に駐車した後は、エンジンをかけたら窓を開けて換気し、すぐに発進して風を取り入れて熱気を逃がします。それからエアコンを使用しましょう。

無用なアイドリングはやめましょう
10分間のアイドリング(ニュートラルレンジ、エアコンOFFの場合)で、130cc程度の燃料を浪費します。待ち合わせや荷物の積み下ろしのための駐停車の際にはアイドリングを止めましょう。
暖気運転は控えめにしましょう
現在販売されているガソリン乗用車においては暖気不要です。寒冷地など特別な状況を除き、走りながら暖めるウオームアップ走行で充分です。暖機することにより走行時の燃費は改善しますが、5分間暖機すると160cc程度の燃料を浪費しますので、全体の燃料消費量は増加します。

■ 現在販売されているガソリン自動車では、暖機運転は不要です。

不要な荷物は積まない
100kgの不要な荷物を載せて走ると、3%程度燃費が悪化します。車の燃費は荷物の重さに敏感です。運ぶ必要のない荷物は、車から下ろしましょう。
遠出をしない場合なら、ガソリンを満タンにしないことも効果があります。
ガソリンの比重は約0.75です。

適正なタイヤの空気圧を保つ
タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5kg/cm2 )不足した場合、市街地で2%程度、郊外で4%程度、それぞれ燃費が悪化します。また、安全運転のためにも定期的な点検は必要です。

車間距離は余裕を持って、定則運転をしましょう
車間距離に余裕を持つことが大切です。車間距離を詰めたり、速度にムラのある走り方をすると、加減速の機会も多くなり、その分市街地で2%程度、郊外で6%程度燃費が悪化します。また、同じ速度であれば、高めのギアで走行する方が燃費がよくなります。交通の状況に応じ、できるだけ速度変化の少ない安全な運転をしましょう。

燃費節約グッズを使う
燃費節約グッズのスマートオイル
【車の燃費向上】ネオ・ソケット 
燃費改善グッズ エコパワーシート(3枚入) などを利用しますと燃費が20〜30%向上しますので、一度試してみてはどうでしょうか?


                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ