家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





自動車保険節約術



自動車保険の種類


対人賠償保険

対人賠償保険とは”人”を死亡あるいは、ケガをさせて損害賠償責任が発生したときに、保険金が支払われる自動車保険です。

対人賠償保険で支払われる保険金は、自賠責保険の支払い限度額を超える部分に対して行なわれます。

この保険の対象となる人は、あくまで、第三者である他人ということです。これが重要なポイントで、”対人=第三者の他人”以外の、運転者本人や建物などは除かれます。

つまり、加入者の自動車の同乗者、相手の自動車の運転者や同乗者、歩行者が死亡、ケガをした場合となっています。
また、以下の人は補償の対象外になっています。

1. 自動車保険・加入者本人
対人賠償保険は、第三者の他人への十分な賠償に対応するための保険なので、本人の死亡やケガには補償がありません。
2. 自動車保険・加入者の家族
加入者本人と同様に、同じ自動車に同乗している家族の事故や、加入者本人が運転中に家族にケガをさせたときは対象外です。
3. 自動車保険・加入者の承諾を得て運転した人
加入者本人の自動車を友人や知人が、本人の承諾を得て運転しているときに事故を起こしたときは、その運転者も補償はありません。
もちろん、加入者本人が同乗している場合も同様です。
その他にも賠償の対象外となる事柄もありますので、事前に自動車保険会社に確認しておくことをおすすめします。

対人賠償保険の保険金は、被害者1人に対して上限額を定めない無制限方式のものと、上限額を定めた方式のものがあります。また、1件の事故に対する保険金の上限は、両方とも無制限になっています。

搭乗者傷害補償保険

搭乗者傷害補償保険とは、契約した自動車の搭乗者が死傷したときに、保険金が支払われる自動車保険です。

搭乗者には、運転者本人(保険加入者)とその自動車に、同乗している人が含まれます。対人賠償保険とは異なり、同乗者が運転者の家族や、友人知人であっても対象になります。

つまり、運転する自動車に搭乗者傷害補償保険をかけておけば、その自動車に乗っている全ての人に対して、補償があるということです。

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とは、自動車事故にあったときに相手側から、十分な賠償金(保険金)を受け取れなかったときに、それを補うための自動車保険です。

十分な賠償金が受け取れないケースとしては、

1)相手側が加入している自動車保険が自賠責保険のみで、対人賠償保険に未加入のとき

2)当て逃げ、ひき逃げなどで、賠償金を支払うべき加害者が誰だかわからないとき

3)相手側の対人賠償保険の保険金額が、賠償額に達していないとき

4)その他、契約条件に違反した事柄があり、自動車保険会社から保険金が支払われないとき

などがあり、このようなケースにあてはまる自動車のことを、”無保険車”と呼んでいます。

無保険車との事故では、自賠責のみの賠償金であったり、最悪の場合は当て逃げ、ひき逃げで、全く賠償金が見込めないこともあります。このようなケースに備えて、賠償金の不足分が支払われる自動車保険が、無保険車傷害保険です。

対物賠償保険
車両保険とは、自動車同士の接触、衝突、盗難や自然災害で、車両に損害があったときに、保険金が支払われる自動車保険です。

自然災害には、洪水、台風、高潮などの他に、火災や爆発などの人的災害も含まれています。

車両保険の契約保険金額は、所有している自動車の種類によって、あらかじめ設定できる範囲が決められています。自動車保険の加入者は、その決められた範囲内で希望する保険金額を選ぶことができます。

このため、車両保険が100万円なのに30万円という、かなり低い保険金額を定めたり、その逆に400万円という高額な設定もできません。

あくまで、所有している自動車の価格に見合った保険金額の範囲内での、自動車保険への加入となります。

また、車のボンネットがへこんだり、フロントガラスが割れた場合などは、それを修理すれば運転するのに支障がないので、このようなケースでは修理代のみが支払われます。




                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ