家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





自動車保険節約術



自動車保険料の節約


保険料を安くする

運転手の年齢によって保険料が設定される「運転者年齢条件」。常に自分にあった「運転者年齢条件」で自動車保険を契約をしておくことで、無駄な保険料を払わずにすみません。
運転者年齢条件は全部で4種類です。
1.全年齢条件
免許をもっていれば、年齢を問わずいつでも保障の対象になります。

2.21歳未満不担保 21歳以上の人が対象です。20歳以下の人は保障の対象外になります。

3.26歳未満不担保 26歳以上の人が対象です。25歳以下の人は保障の対象外になります。

4.30歳未満不担保 30歳以上の人が対象です。29歳以下の人は保障の対象外になります。
運転者年齢条件は若いほど保険料が高くなります。というのも、事故の統計からしても20代の若者による事故件数が圧倒的に多いためです。年齢が若いほど交通事故をおこす可能性が非常に高いとされています。
もちろん自動車保険料は保険会社によって異なりますが、「全年齢条件」と「30歳未満不担保」では2倍以上の開きがある場合もあるそうです。

短い走行距離で保険料を安く

最近、各保険会社が競って打ち出している「リスク細分型自動車保険」。年齢や性別、運転歴や使用状況、さらには走行距離などの要素を細かくわけることで、保険料に格差をつけた自動車保険です。
リスクの低い契約者は保険料を安くすませることができ、リスクの高い契約者は保険料が高くなるので非常に合理的な保険といえます。
例えば「ゴールド免許」を所持する契約者への特典。最大10%もの保険料割引を提供する保険会社もあるようです。これは、過去5年間の無事故・無違反を評価し、交通事故をおこす確率は低いと判断されるためです。

そのほかに走行距離で保険料が安くなるケースもあります。「走行距離が少ない=事故にあう確率が低い」という判断のもと年間の走行距離に応じた保険料の割引をしてくれるのです。

外資系自動車保険会社を利用

「最大で約30%から40%も保険料が安くなる」といったキャッチフレーズの打ち出し
自社の格安な商品を提供しています。

「保険料の安さを重視」する方へ
保険料の安さを重視するなら、外資系保険会社(ダイレクト系)の自動車保険に加入されることをおすすめします。 加入年齢や走行距離など様々な条件によっては、さらに保険料を安くできる場合もあるようです。

しかし、保険料が安くなる条件は保険会社によってまちまちなので注意が必要です。場合によっては、 外資系保険会社の扱う「リスク細分型保険」の方が一般的な保険料よりも割高になることもあります。
まずは資料を取り寄せて、比較をしてみるのが一番確実です。ただ、たくさんの自動車保険会社に それぞれ見積りを依頼するには手間と時間もかかります。

そこで当サイトでご用意したのが「自動車保険一括見積り請求サービス」です。 ご希望の見積もり条件を入力することで、一番保険料が安くなる保険会社を簡単に見つけることができます。 ぜひご利用ください。



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ