家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





自動車保険節約術



交通事故 


事故処理の鉄則

現場では示談はしないと言うのが事故処理の鉄則ですが、私の身近で相談を受けるのが、自
分が全面的に悪いと思い込み 「全額弁償します」 とつい言ってしまうケース。

相手にののしられ、強要され自分が悪いのじゃないかと思い込み 「念書」を書かされ弁償さ
せられたケース。

よくあるのがお互いに任意保険の対人、対物に入っているのでお互いの保険を使えば出費す
ることなく車は直るしケガも全部補償してもらえるものと勘違いし、自分も相手も相互に保険を
使いあい、事故修理代とケガの治療費を全て保険でカバーできるからと、事故現場で話をつけ
てしまう人がいます。

表面上は円満解決、メデタシ、メデタシですが、保険のシステムとして100%ずつ払い合うという
処理方法は残念ながらないのです。(過失相殺のからみ)

後から、保険会社からの連絡で話がこじれ、両者とも賠償金の問題で納得できないでヤヤコシ
イことになるケースがよくあります。

ですから、事故現場で相手からそういう話を持ちかけられても 「事故のことは分からないの
で、保険会社の担当者と話してください」と話にのらない事です。 
下手をすると保険会社が補償してくれない部分を自己弁済させられる事があります。


そして、どちらが加害者か、被害者か分からない場合は「どうもすみませんでした」と、むやみ
に謝らないほうがいいと思います。謝ったことで相手は向こうが悪いから頭を下げたのだなと
勘違いをします。日本人の癖でとにかく「すみません」と謝っておけば事がスムーズに運ぶと勘
違いしている人がいます。

ちなみに、ある保険会社では、賠償問題でキビシイ、欧米国の日本人向けに事故遭遇時の注
意として「自分に過失がないと思われる事故ではその場で簡単に謝らないように」 という文書
を配布しているそうです。

しかし、道義的責任を重視する日本では、そのようにはいかないでしょうが、このような事故の
場合の適切な、第一声として 「だいじょうぶですか?」 と声をかけるのが当たりさわりがなく、
無難な言葉ではないでしょうか。


最近の調査では「ソーリー(すみません)」と謝らなかったために、被害者の怒りを買い、英国で
少なくとも年間2800万ポンド(56億円)もの保険金が過大請求されていると英国の保険会社
が発表しています。そして同社では「謝ろうキャンペーン」を開始、ドライバーに冷静な対応を呼
びかけているそうです。

このような調査結果から言える事は、明らかに自分の方が一方的に悪く過失100%と思われ
るケースでは「謝ろうキャンペーン」に習って丁重に謝り、頭を下げることが被害者の気持ちを
和らげ、事故の後処理がスムースにでき、加害者にとってもメリットが多くなります。

しかし、事故現場での賠償問題が絡んだ話は、気持ちも高ぶっていますし、冷静に判断できに
くい状況なので結論めいたことや、軽はずみな約束はしないようにしましょう。

自動車事故の処理

事故を起こしますと、自動車の移動代金や車の処理で思わぬ出費がかさむことがあります。そんな時に安心なのがJAFです。



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ