家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





旅行節約術



電車代の節約


チケットショップで購入する 

気がつくと結構高くついている電車賃。そんな電車賃を少しでも抑える方法です。
だいだい、近距離で1枚あたり5円〜30円ほど安く販売しています。
遠方になれば、割引率も高くなりお得です。

回数券を買う

回数券は10枚分の値段で11枚買えるので、1枚分お得です。
 
チケットショップと回数券どっちがお得か?
例えば)
120円の切符をチケットショップで購入すると115円くらい。
それを11枚購入すると1265円。
回数券の場合、11枚で1200円。
この場合は回数券の方が65円お得になります。

しかし、回数券が損する場合もあります。

例えば)
500円の切符をチケットショップで450円で購入すると
11枚4950円。
回数券→11枚5000円。
チケットショップが50円お得になります。
 
切符の値段や、チケットショップの販売額によってどちらがお得か異なるので、少しでも節約したい人は近くのチケットショップの相場など調べてみましょう。
 
月に15回以上、決まった駅まで行くのなら定期券が一番いいです。
使う頻度が少ないなら、回数券には有効期限があるので購入は控えた方がいいと思います。

「定期券を分割して買うと、なぜ安くなるのか」

ふつう、通勤・通学で使用する定期券を購入するときは、「自宅の最寄り駅」と「通勤・通学先の最寄り駅」の間で買いますよね。

JRの料金体系に抜け穴があるのか、目的の区間の定期を1枚で買うより、「自宅の最寄り駅」と「途中駅」、「途中駅」と「通勤・通学先の最寄り駅」という、2枚に分けて購入した方が安くなる事があるようです。
(2枚どころか、区間によっては3枚以上でさらに安くなる事もあるようです)

調べてみると理由も色々あるようですが、鉄道の料金は通常「距離」によって値段が決められているのですが、私鉄との競合などの理由から、特別に安くしている区間もあったりして、距離による値段が必ずしも一定ではない…というのが主な原因のようです。



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ