家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





おこずかい貯蓄術



不動産投資


不動産投資のメリット

小額の自己資金で始めることができる

毎月、安定収入が得られる

場合により売却益も得られる

税制上のメリット

インフレヘッジの効果

生命保険効果と年金の効果

意外にローリスク

小額の自己資金で始めることができる

不動産投資は小額の自己資金で始めることができます。また「毎月」安定収入が得られます。

「家賃」で安定した収入を得ることはもちろん、購入した物件の不動産価値が上がった時に売却し、その差額で利益を得られることも出来たりします。

税制上のメリット

またサラリーマンでも年間10〜120万円程度、場合によっては税金還付・減額の節税効果も、また相続税対策としても期待できます。大きなマンションを所有するよりワンルームマンションをいくつかに小分けした方が相続時にやりやすいと言われます。また精算課税を利用した贈与の場合にも有効です。

インフレヘッジの効果
一般的にインフレに見舞われた場合、預金などの金融資産は目減りし紙幣価値が下がります。

例えば、昔のお金の価値は、現在のお金の価値の10分の1ともいわれ、その点マンション投資は、時代に合わせた収入が得られる為、家賃が大幅に下落する事はなく、逆に相場にあわせて上昇していく見方が出来るので、インフレに強いといえるのです。
1968年とあるビルは、当時の家賃収入が今では10倍以上あがっています。インフレヘッジ効果といえます。

不動産投資のご相談は
中古マンション投資
リヴトラストの不動産投資 などにご相談されるのがいいかと思います。

生命保険効果と年金の効果

例えば、終身年金(定額型)加入し、月々7万円を20年間支払い、総額約1700万円を支払うことで、90歳までには数千万円という額を受け取れます。

しかしご本人が死亡した場合、その時点で年金受領は終了となります。つまり残されたご家族には支給されなくなります。 ところがマンション投資で20年保証の家賃収入を得ることでローンのほとんどを支払うことが可能であれば、節税効果分も期待できます。

つまり月々わずかなご負担で、定年後には残すことができる、60歳から年間100万円を毎年受領できる年金と同様の収益を期待できます。万一の事がご本人にあっても、また元気に永生きされましても、いずれの場合でも、年間100万円程度の収入を得ることも可能ですから、保険と年金の効果を期待する事もできます。

                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ