家計簿にやさしい節約生活で貯蓄をしよう!





おこずかい貯蓄術



FXファンド


FX取引と外貨預金の違い

FX取引がこれほどまでに注目され、人気を集める資産運用方法になっているのには、当然ですがそれなりの理由があります。

つまり、FX無料売買シグナルには「メリット」があるから、多くの人が始めようとしておられるのです。しかし、FX取引のメリットを説明するためには、まず外貨預金との違いについて知っておく必要があります。
お金の「流れ」そのものはよく似ているので、この違いについてよく知らない人も多いのです。

外貨預金

外貨預金とは、あなたのお金で直接、外貨を売買する取引です。「直接取引」と言っても良いでしょう。

たとえば、手元にある100万円で1万米ドル(1米ドル=100円時)を購入したとします。この1万ドル、いったい誰のものでしょうか?当然、あなたのものです。
自分のお金で「買った」わけですから、この1万ドルの所有者はあなたということになります。

FX取引

FX取引は「間接取引」と言うことができます。あなたは、FX業者に取引の命令を出し、その命令に従って、FX業者があなたの代わりに取引をしてくれます。
「今すぐに100万円分のドルを買ってください」とか、「このタイミングで売ってください」など、あなたは自分のお金で直接取引するのではなく、業者に命令を下す立場にいるのです。

その結果、利益が出れば、そのほとんどをあなたは受け取ることができます。しかし、損失を出してしまったらどうでしょうか?

困るのはあなたではなく、FX業者ですよね。あなたの命令のおかげで損失を出してしまったのですから、あなたには損失分の責任を取る必要があります。

つまり、もし10万円の損失を出してしまったら、あらかじめ預けておいた「証拠金」から天引きされる仕組みなのです。このように、「自分の資金を担保として預けておいて、取引の命令を出す」というのが、FX取引なのです。
いかがですか?似ているようで、じつはまったく違う仕組みの資産運用方法であることを知っておいてください。

FXを始めるために
FXを始めるためにはFX業者で口座を開く必要がります。FX 比較をしているFXサイト
でなどで比較検討して納得のいく口座を持ちましょう。

自分で投資をするのがちょっと苦手という方は投資ファンドなどファンド会社で口座を開設しプロに投資運用をして貰うのも入門編として良いかも知れません。ファンドの中にFXが組み込まれているものも沢山ありますよ。



                   copyright2010- 節約生活で貯蓄- allrightsreserved
  TOP                プライバシーポリシー    利用規約     ヘルプ   お問い合わせ